都道府県ごとの魅力的な企業のご紹介

企業写真

SCSKニアショアシステムズ株式会社

所在地
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア
業種
サービス業(他に分類されない)
企業URL
http://www.scsk-nearshore.co.jp
認定・表彰制度
沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業認証
宮崎県仕事と家庭の両立応援宣言登録
かごしま子育て応援企業登録

我が社はこんな会社です!

当社は、その名の通りニアショア開発に特化し、国内の各地方拠点で大規模かつ本格的に、高品質なシステム開発を行っている企業です。各開発センターでは、住友商事グループのシステムインテグレーターであるSCSKのグループ企業として、主な業務である保守運用(エンハンス)の他にも新規開発プロジェクトの設計・プログラミング等も担っています。当グループが受注した開発案件のみを扱っているため、地方にいながら大規模プロジェクトに関われますし、何より大きいのは、グループ会社であるSCSKとの連携のしやすしさです。プロジェクトを円滑に進められることで、残業削減や有給休暇取得等、ワーク・ライフ・バランスの充実も実現できています。地方拠点は、盛岡市(岩手県)・横浜市・福井市・熊本市・宮崎市・鹿児島市・那覇市・南風原町(沖縄県)の8拠点です。

我が社のアピールポイント

当社の経営理念は、「~夢ある未来を、共に創る~」です。社員と会社が一丸となって夢ある未来の実現にむけて、努力します。この未来を創るために、以下3つのミッションを掲げています。
【社員のために】
◇地方で働く従業員の、働きがい、生きがいを大切にし、仕事と生活の両方の幸せ(ワーク・ライフ・ハピネス)を実現する
【地域のために】
◇地方の雇用創出、UIターン促進、IT人材育成等、地方創生に貢献する
【お客様のために】
◇日本一のサービス品質で、ニアショアサービス事業を拡大する
ワーク・ライフ・バランスについては、社員のシステム品質を担保する取組や、業務改善・生産性向上への取組等が定着しつつあり、2017年度の実績では、平均残業時間月18時間22分、年間平均有給休暇取得日数19.5日を実現しています。「ライフ」の充実のために、労働時間が減った分の時間や有給休暇を活用してもらっています。加えて、家族の介護・看護や子育て支援等の特別休暇制度や、コアタイムの無いフレックス勤務制度等を整備しています。人材教育に関しては、新卒採用者は、入社前6ヶ月間で、e-Learningによる技術研修やSNSによる行動習慣化研修(PDCFAサイクルの習慣化)を実施します。入社後3ヶ月間は、東京でSCSKとともに社会人マナー研修や当社独自の技術研修を実施してから地方拠点に配属されますので、文系の方でもしっかりと基本知識・技術を習得できます。配属後はOJTが中心です。必要に応じて、社内・社外の技術研修を受けて頂きます。特徴的な研修としては、人間力アップを目的とした、階層別研修(人事制度上の等級別)があり、階層別の役割を理解し、そのために必要な人間力を習得してもらいます。併せて同世代の地方社員とのリレーションを構築します。

先輩社員の声

若手社員アイコン

お名前:M.Sさん

入社年度:2014年度

所属部署:岩手開発部

入社~現在までの職務内容

入社時は、リース業種のシステム開発にメンバーとして参画しました。以後、SCSK社内システムや証券システムの開発を実施して評価され、2016年4月からは証券システムのプロジェクトリーダーとなり、10名程のメンバーの管理を実施しながら、平行して、岩手における新卒採用や育成を担当しました。その後、新規車載プロジェクトの立ち上げをプロジェクトリーダーとして経験し、2018年10月より、複数のプロジェクトを管理するプロジェクトマネージャに任命されています。

入社の動機

東京のIT企業2社で3年間働きましたが、ハードワークだったこともあり、結婚を機にUターンを決意しました。 岩手県のUIターンイベントで当社のことを知り、SCSKグループ(住友商事系企業)であること、積極的にワーク・ライフ・バランスに取り組んでいること等、ここなら安心して働けると思いました。

入社後に感じた自社の良さ

東京とは違い、ほとんどの社員が地元出身で、職場にはぎすぎすとした感じが無く、気分よく働けます。人事評価も業績目標評価と能力評価の2本立てで、バランスよく評価されていると思います。ワーク・ライフ・バランスについては、残業も月平均20時間以下ですし、有給休暇もほぼ消化しています。コアタイムの無いフレックス制度や在宅勤務制度等の人事制度の改善も行われています。また、若い社員が多いのでチャレンジできる機会があります。自分自身は、新規プロジェクトの立ち上げを経験できました。開発業務以外の業務を任されることもあり、例えば採用活動の経験が仕事の幅を広げたり、自分自身のためにもなったりします。

ある1日の業務の流れ

10:00-11:00 メールやスケジュールの確認
11:00-12:00 担当Aプロジェクト定例ミーティング(進捗・品質・課題管理、情報共有等)
12:00-13:00 昼休み(プロジェクトメンバーと会社近くでランチ)
13:00-14:00 提案書・見積書作成
14:00-16:00 部会報告書作成
16:00-17:00 他の地方拠点と技術会議(TV会議)
17:00-17:40 上司による提案書・見積書のレビュー
17:40 家族のために一目散に退社、帰宅

就職活動中の方、後輩社員へのメッセージ

学生時代に学んだことを活かせる仕事が一番かもしれませんが、自分自身の棚卸しをして、自分自身の強み弱みや価値観、働きがい、生きがい等を確認してください。業界や仕事の話を数多く聞く機会を設けて、その業界や仕事の本質を理解してください。インターンシップ、会社説明会、OB、OG訪問等の機会を増やし、そこで理解した仕事の本質と自分自身の棚卸しの結果をマッチングして仕事、会社選びをしてはどうでしょうか?そこで、自分にあった仕事を選ぶことです。人事の話ばかり聞くのではなく、人事以外の社員の話を聞くことは、その会社を知る意味で大切だと思います。

ページトップページトップへ戻る